PR

 NECは2020年10月29日、2020年4~9月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。売上高に当たる売上収益は前年同期比9.2%減の1兆3150億円、営業利益は同57.4%減の199億円で減収減益だった。大型案件の減少やビジネスパソコンの更新需要の一巡、新型コロナウイルス感染拡大に伴う市況悪化の影響などが出たという。2021年3月期通期の業績見通しは据え置いた。

 前年同期比からの主な減収要因を調整後営業利益でみると、ビジネスパソコンが需要減でマイナス40億円、大型案件が減少してマイナス100億円、5G(第5世代移動通信システム)やデジタルトランスフォーメーション(DX)関連共通プラットフォームへの投資が増えてマイナス90億円、新型コロナウイルス感染拡大に伴う市況悪化の影響でマイナス330億円だった。市況悪化の影響を特に大きく受けたのは「グローバル」セグメントや製造・金融などの「エンタープライズ」セグメント、NEC子会社の日本航空電子工業だった。

 2021年3月期通期は据え置き、売上収益が同2.1%減の3兆300億円、営業利益が同17.5%増の1500億円の見込みのままである。ただ、新型コロナによる市況悪化の影響を精査したところ、営業利益のマイナス幅が増えた。2020年5月には通期予想で約500億円のマイナスを見込んでいたが、10月時点では150億円増えて約650億円のマイナス想定となった。

 NECは650億円のマイナス想定を3つのプラス要因で相殺するという。1つは220億円の費用節減、もう1つがテレワークなどのニューノーマル(新常態)需要の獲得で160億円の押し上げ、3つ目が270億円の資産売却である。ニューノーマル需要の取り込みについて、新野隆社長兼CEO(最高経営責任者)は「現時点で60億円は見えている。残り100億円を着実に取り込んでいく」とした。