東北や北関東などで鉄道・バス事業を展開するみちのりホールディングス(HD)と傘下の会津乗合自動車(会津バス)は2020年11月10日、EV(電気自動車)バスを運行する際の消費電力(電費)を分析し、コスト効率を高める実証実験を始めると発表した。会津バスが2018年から運行している中国BYD製のEVバス3台から速度や電力消費量などの詳細なデータを収集し、効率の良い運行方法や充電のタイミングなどを検討する。

会津乗合自動車が運行するEV(電気自動車)バス
会津乗合自動車が運行するEV(電気自動車)バス
(出所:みちのりホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 EVバスの車両費用は一般的なディーゼルエンジンバスの数倍と高く、本格的な導入は進んでいない。ただし、電気代は軽油代の半分程度と安く、ランニングコストは優れている。車両費用のうち大容量電池が占める比率が高いため、小容量電池を頻繁に充電できるような運行ダイヤを組めば、トータルコストを抑えられる可能性もある。

 みちのりHDの浅井康太ディレクターは「机上の計算では、工夫次第でEVバスのトータルコストをディーゼルバスと同等か、それ以下まで抑えられる可能性がある。実証実験を通じて検証を進めたい」と述べる。例えば、EVバスにはブレーキをかけた際に発生するエネルギーを使って充電する「回生」の機構があり、習熟した運転士ほど省エネ運転をできることが経験的に知られている。データを基にして、回生エネルギーを最大限に使える運転方法を探る。将来的には蓄積した運転ノウハウをEVバスの自動運転アルゴリズムに反映することを目指す。