PR

 米Apple(アップル)は2020年11月10日(現地時間)、オンラインで発表イベントを開き、自社製プロセッサー「Apple Silicon」を搭載したMacの新製品を発表した。

 発表したのはノート型の「MacBook Air」と「MacBook Pro」、デスクトップ型の「Mac mini」の新モデル。Apple Siliconを搭載する初の製品となる。発表当日から注文を受け付け、日本を含む世界各国で11月17日より販売を始める。

左からアップル製「M1」搭載のMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini
左からアップル製「M1」搭載のMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini
(出所:米Apple、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

Mac向けプロセッサー「M1」発表、高性能と省電力を両立

 Mac向けのプロセッサーとしては新たに「M1」を発表した。最新のiPhone向け「A14 Bionic」、Apple Watch向けの「S6」に対し、M1はMac向けに最適化したシステムオンチップ(SoC)と位置付けている。

Mac向けのApple Silicon「M1」。アップルは2020年6月の開発者向けイベントにおいて、Macのプロセッサーを米Intel製からApple Siliconに2年をかけて移行する計画を発表していた
Mac向けのApple Silicon「M1」。アップルは2020年6月の開発者向けイベントにおいて、Macのプロセッサーを米Intel製からApple Siliconに2年をかけて移行する計画を発表していた
[画像のクリックで拡大表示]

 M1のCPUは8コアで、4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載し、消費電力1ワットあたりのCPU性能は世界最高とする。GPU性能についてもPC向けの統合型グラフィックスとして世界最高とした。機械学習用のニューラルエンジンも搭載する。

 従来のインテル製プロセッサーとの性能比較では、CPUが最大3.5倍、GPUは最大6倍、機械学習は最大15倍高速とした。消費電力あたりの処理能力の向上によりバッテリー駆動時間も延び、MacBook Proでは動画を最大20時間再生できるという。

 メモリーはプロセッサー全体から利用できるユニファイドメモリの仕組みを採用した。搭載容量は8GBまたは16GBで、MacBook ProやMac miniにおいても最大メモリー容量は16GBとなっている。

M1に最適化した「macOS Big Sur」を搭載

 新製品のOSとしては、次世代のmacOS Big Surを搭載する。M1プロセッサーに最適化しており、iPhoneやiPadのように高速なスリープ解除ができるという。

M1プロセッサーに最適化した「macOS Big Sur」
M1プロセッサーに最適化した「macOS Big Sur」
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルとインテルの両プロセッサーにネイティブ対応した「ユニバーサルアプリ」については、米Adobeの写真編集ソフト「Lightroom」は2020年12月に、Photoshopなども2021年の早い時期に対応バージョンが登場するという。