PR

 米Apple(アップル)は2020年11月10日(現地時間)、自社製プロセッサー(SoC)「M1」を搭載したパソコン「Mac」を発表した。ノート型は「MacBook Air」と13型「MacBook Pro」の2機種、デスクトップ型は小型の「Mac mini」である。M1は、20年6月に「Apple Silicon」として明らかにしたものだ。かつて同社は、2006年にMac向けのプロセッサーをそれまでのPowerPCから米Intel(インテル)のプロセッサーに転換した。M1の採用は、約15年ぶりの再転換となる。20年6月時点で、自社製プロセッサー搭載の最初のMacを20年末に発売するとしており、その予告通りとなった。今回の3製品を皮切りに、今後2年ほどかけて、MacのプロセッサーをIntel製から自社製へと切り替えていく。

「M1」を搭載した「MacBook Air」と13型「MacBook Pro」、「Mac mini」
「M1」を搭載した「MacBook Air」と13型「MacBook Pro」、「Mac mini」
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 10日に開催したオンライン発表会では、M1とM1搭載Macの性能をアピールした。まず、M1の演算処理性能と電力効率の高さを強調。パソコン向けとして初の5nmの製造プロセスで作製されたもので、トランジスタ数は160億。M1のCPUコア数は8で、このうち4つが電力効率重視、4つが性能重視である。電力効率を高めており、例えば、MacBook Airの熱設計枠である10Wで比較した場合、他のノートパソコンのCPU性能に比べて、M1は約2倍だとする。

M1の内部
M1の内部
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]
M1と他のノートパソコン用プロセッサーのCPU性能の比較
M1と他のノートパソコン用プロセッサーのCPU性能の比較
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 GPUのコア数は8で、同時に約2万5000スレッドを処理できる。演算処理性能は2.6T(テラ)FLOPSである。GPUコアも電力効率を向上させており、例えば、MacBook Airの熱設計枠である10Wで比較した場合、他のノートパソコンのグラフィックス処理性能に比べて、M1は約2倍だという。

M1と他のノートパソコン用プロセッサーのGPU性能の比較
M1と他のノートパソコン用プロセッサーのGPU性能の比較
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 深層学習の推論処理など機械学習向けの16コアの「Neural Engine」を搭載。これにより、1秒当たり11トリリオン(兆)オペレーションの演算処理を実行できるとする。CPU内の機械学習用アクセラレーターやGPUと連係することで、映像分析や音声認識、画像処理などを高速・高効率に実行できるという。

 M1では、メモリーを混載し、CPUやGPUなどで共有して利用する「Unified Memory Architecture(UMA)」を採用。これにより、電力効率の向上につなげた。

 加えてM1は、USB 4対応のThunderbolt コントローラーICや、セキュリティー用の「Secure Enclave」を搭載した。ISP(Image Signal Processor)回路も集積。動画撮影機能を強化し、高いノイズリダクション機能や広いダイナミックレンジの映像を撮影可能にした。自動ホワイトバランス機能も高めている。ストレージ用コントローラー回路を集積することで、SSDも高速化したという。

M1の構成要素
M1の構成要素
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]