PR

 米グーグルは2020年11月17日、AI(人工知能)や厚生労働省のオープンデータなどを使った「COVID-19 感染予測(日本版)」の提供を開始した。日本国内で今後28日間に予測される新型コロナウイルス感染症の死亡者数や陽性者数などを都道府県別に表示する。2020年8月から米国で提供しているサービスを日本にも拡張した。

COVID-19 感染予測(日本版)のダッシュボード
COVID-19 感染予測(日本版)のダッシュボード
(出所:米グーグル)
[画像のクリックで拡大表示]

 提供を始めたCOVID-19感染予測(日本版)は今後28日間に予測される死亡者数や陽性者数、入院・療養患者数などをダッシュボードで都道府県ごとに表示する。予測値はGoogle Cloud PlatformのデータウエアハウスであるBigQueryやCSVファイルでも利用できる。

 日本版モデルでは厚労省による新型コロナのオープンデータや国勢調査のほか、グーグルが店舗や公園などの訪問者数の変化を地域別にまとめた「コミュニティモビリティレポート」を利用した。予測期間の拡張や精度の改善もしたという。また予測結果には国内の感染状況や人々の反応、生活環境といった日本独自の状況を反映した。

 グーグルは医療機関などが今後に備えて適切な対処策を検討する際に他のデータと組み合わせて利用できる参考情報の1つとなるよう公開したとしている。 同社は「COVID-19 Public Forecasts」で米国向けの予測情報を提供している。