PR

 NECは2020年11月19日、スーパーコンピューター(スパコン)関連事業においてカード型ベクトルエンジン(Vector Engine、VE)単体で販売を始めると発表した。システムインテグレーターやサーバーベンダーにVEを販売し、パートナーを通じて中堅・中小企業などに市場を拡大する。販売価格は最小構成で114万4000円(税別)から。VEを2021年1月から出荷を始め、今後3年間の累計で100億円の販売を目指す。

2021年1月から出荷を始めるカード型ベクトルエンジン
2021年1月から出荷を始めるカード型ベクトルエンジン
出所:NEC
[画像のクリックで拡大表示]

 NECはこれまでVEをNEC製専用サーバーに搭載して、ベクトル型スパコン「SX-Aurora TSUBASA」として大学や研究機関、大手製造業をメインに提供してきた。地球シミュレーターなど超大規模システムなどが代表例だ。人工知能(AI)を活用する企業が増加している背景を踏まえ、VEを単体販売する。「演算速度を上げたい」などのニーズがある中堅・中小規模の企業からの受注増を見込む。

 今回販売を開始するVEは、PCI Express規格サイズのカードに、単一コア性能や単一コアメモリー帯域を持つコアを8個内蔵する。1枚で2.45テラフロップスの演算性能と毎秒1.53テラバイトのメモリー帯域を備える。