PR

ヘテロコンピューティングのソフト開発環境「oneAPI」、正式版登場

 今回、Intelは、様々な演算リソース(GPUやFPGA、ASSP(Application Specific Standard Product)など)を組み合わせる、ヘテロジニアスコンピューティングのソフトウエア開発環境「oneAPI」についても発表した。oneAPIでは、同社がC++とSYCLをベースに開発した新言語「DPC++(Data Parallel C++)」を使って、異なる種類の演算リソースのプログラミングを統一して扱える。oneAPIは1年ほど前にベータ版の提供が始まった*4。ユーザーなどからのフィードバックを受けて、ベータ版は複数回アップグレードされた。そして、今回、正式版が20年12月から提供されることが発表された。正式版は無償で使えるGold版と、サポートが付いた商用版がある。Gold版はIntelのWebサーバーからダウンロードしてユーザーの手元で使ったり、あるいはIntelがクラウド上で展開するユーザーソフトウエア動作環境「DevCloud」で使ったりできる。

「oneAPI」の構成
「oneAPI」の構成
無償の正式版「oneAPI Gold」を20年12月に提供開始予定。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 oneAPIは複数の要素からなる。基本的な機能をパッケージしたベースツールキット、特定ドメインに向けたアドオンツールキット、そして関連ツールである。ベースツールキットには、他言語で開発されたコードをoneAPIにポーティングするためのツールや、言語、基本的なライブラリー、解析・デバッグツールが含まれる。特定ドメインのアドオンツールキットは、現在、HPC(High Performance Computing)向け、IoT向け、レンダリング向けの3種が用意されている。関連ツールは「Intel Analytics Tool Kit」と「OpenVINO Toolkit」の2つがある。なお、既存の「Intel Parallel Studio XE」や「Intel System Studio」はoneAPIに集約される。

「oneAPI」は複数のツールキットから成る
「oneAPI」は複数のツールキットから成る
Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
ベースツールキットの概要
ベースツールキットの概要
Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
特定分野向けのアドオンツールキットは現在3種類
特定分野向けのアドオンツールキットは現在3種類
Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]
関連ツールは2つ
関連ツールは2つ
Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]