PR

 ウェルモは、東京電力パワーグリッドやエナジーゲートウェイと共同開発している「電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム」について、2020年11月下旬に福岡市で実証実験を開始すると発表した。福岡市に住む約20人の独居高齢者が対象で、2021年4月まで実施する予定。

「電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム」の概要(出所:ウェルモ)
「電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム」の概要(出所:ウェルモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験では、電力センサーで測定した家電利用データやその他のセンサーのデータを基に、生活状況のリポートや異常行動の通知を実施する。住宅全体の電力の使用状況を家電製品の種類ごとに分離するAI技術を活用している。家族や介護専門職は、利用者(高齢者)の24時間のモニタリングデータなどを閲覧できる。この他に、利用者(高齢者)と家族、介護専門職の情報交換などに役立つチャット機能を備える。

 これまでは、独居の要介護者が介護サービスを受けていない時間帯の生活実態を把握することは難しかった。モニタリングシステムを導入することで、生活実態に即した介入やプランの作成・見直しが可能になる。介護の質の向上や、要介護者の自立支援・重度化防止、介護人材や要介護者を持つ家族の負担軽減などが期待できるという。

生活状況のリポートのイメージ(出所:ウェルモ)
生活状況のリポートのイメージ(出所:ウェルモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実証実験では、電力センサーなどで24時間の生活情報が得られることで「介護サービスの適正化につながるか」、介護専門職の対面や電話による「生活情報の聞き取りにかかる時間や負担が軽減されるか」などを検証する。また、「離れた家族にとって役に立つサービスか」についても確認する。