PR

 Intelは、FPGAをMPU(マイクロプロセッサー)のアクセラレーターとして開発するためのソリューション(FPGAボードなどのハードウエアと、MPU上で稼働するソフトウエアのセット)として、新たに「Intel Open FPGA Stack(Intel OFS)」を発表した(ニュースリリース)。OFSは、既存のソリューション「Intel Acceleration Stack」*1の強化拡張版である。

「Intel Open FPGA Stack(Intel OFS)」の基本構成
「Intel Open FPGA Stack(Intel OFS)」の基本構成
大ざっぱに言うと、MPUで稼働するソフトウエア群(図の上側)と、FPGA搭載ボード(図の下側)から成る。Intelの図
[画像のクリックで拡大表示]

 日本法人のインテルによれば、例えば、既存のAcceleration Stackは、Intel製FPGAボード「Intel Programmable Acceleration Card(PAC)」を使うことが前提だったが、OFSはサードパーティーのFPGAボードや、顧客(機器メーカーなど)が自ら開発したFPGAボード(回路)にも適用可能になった。「IA(Intel Architecture)のMPUをIntelのFPGAでアクセラレーションするすべての開発に使えるソリューションとなった」(インテル)。

 また、FPGAシェル(FPGAチップのうち、内部ロジックアレーを除いた部分。外部インターフェースや電源回路、ハード・タイプ・マクロとして集積するロジック回路など)へのアクセスが容易になった。例えば、シェルと内部ロジックアレーのインターフェースをIntelの独自バスから業界標準のAMBA AXIに変更した。シェルのソースコードへのアクセスの際に、コードを見やすくして、カスタマイズを容易にしたという。

既存の「Intel Acceleration Stack」(図の下の部分)を拡張・強化したのが「Intel OFS」
既存の「Intel Acceleration Stack」(図の下の部分)を拡張・強化したのが「Intel OFS」
Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 OFSの早期アクセスプログラムはすでに開始しており、OFS対応のサードパーティー製FPGAボードの第1弾として、イスラエルSilicomは「Silicom FPGA SmartNIC N5010」を発表している。このボードはIntelとSilicomが共同開発したもので、Ethernetのネットワークインターフェースとして稼働する(ニュースリリース)。4個の「Stratix 10 DX」FPGAと「Intel Ethernet 800 Series」アダプターなどから成る。

OFS対応のサードパーティー製FPGAボードの第1弾(右)
OFS対応のサードパーティー製FPGAボードの第1弾(右)
IntelとSilicomが共同開発し、Silicomが販売する「Silicom FPGA SmartNIC N5010」がそれ。Intelによれば、日本の理化学研究所もOFSを活用しているようだ(左)。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 また、Intel自身のFPGAボード(Intel PAC)のOFS対応も進める。まず、「Stratix 10 SX」を搭載した「Intel PAC D5005」*2をOFS対応に改良する。その後、SX以外のStratix 10 FPGAを搭載したFPGAボードやAgilexを搭載したFPGAボードが登場するようだ。

OFS対応ロードマップ
OFS対応ロードマップ
Intel製FPGAボードでOFS対応の第1弾は「Intel PAC D5005」になるようだ。Intelのスライド
[画像のクリックで拡大表示]