PR

 東急は2020年11月24日、静岡県伊東市で遠隔監視・操縦型の電動自動運転バスの走行実験を始めると発表した。並行して、静岡県が主体となり同県下田市で運行する自動運転車両の遠隔監視も実施する。1人のオペレーターが離れた場所を走る複数の車両を監視する際の課題などを検証する。

東急が伊豆急行伊豆高原駅周辺で走らせる自動運転バス
東急が伊豆急行伊豆高原駅周辺で走らせる自動運転バス
(出所:東急)
[画像のクリックで拡大表示]

 東急は傘下の伊豆急行伊豆高原駅周辺の公道約1.4キロメートルを往復する区間で、定員8人の自動運転バスを走らせる。運賃は無料で、駅の端末か東急のMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)「Izuko(イズコ)」のスマートフォン用Webサイトから呼び出して利用する。

 実験期間は12月17日~25日。大半の区間は自動運転で走行するが、片道約400メートルの区間については遠隔操縦に切り替えて、遠隔コントロールセンターにいるオペレーターが操縦する。通信には一般の4G LTE回線を使う。人間が遠隔操縦するほうが、横断歩道を渡ろうとする人や路肩の停止車両などの複雑な道路状況に対処しやすいとみている。

東急の自動運転バス実証実験の概要
東急の自動運転バス実証実験の概要
(出所:東急)
[画像のクリックで拡大表示]

 東急の長束晃一交通インフラ事業部戦略企画グループ新規事業担当主事は「伊豆エリアは東京・神奈川などに比べてバスの運転士不足が深刻。早期に自動運転バスを導入したいが、その際の効率的なオペレーションのノウハウを蓄積していく」と狙いを述べる。