ターボリナックス創業者クリフ・ミラー氏が語る、「私がLinuxから離れた理由」

クリフ・ミラー氏(Cliff Miller、栗富 実良) 言語学とコンピュータサイエンスを専攻。1992年にターボリナックス(旧パシフィック・ハイテック)を設立し、Linuxビジネスに取り組む。2000年、マウンテンビューデータを起業。データセンター向けのデータストレージソフトウエアやサーバー管理ソフトウエア「PowerCockpit」を開発・販売した。1980年代に言語学の専門家として米ゼロックスの多言語ワードプロセッサーの開発に取り組んだ。1989~90年には米国電子協会のフェローとして富士通・川崎研究所で自然言語処理を研究。13歳から約2年間、愛知県豊橋市で日本の家庭にホームステイ。米国で大学を卒業した後、佐賀医科大学(現:佐賀大学)と中国の浙江大学で教鞭を取る。日本語、中国語、マケドニア語を流暢に使いこなす。著書に「LINUX革命」(ソフトバンクパブリッシング)など。現在はハワイに在住し、オーディオブック会社トゥルーレイクを経営する(写真:クリフ・ミラー氏提供)
クリフ・ミラー氏(Cliff Miller、栗富 実良)
言語学とコンピュータサイエンスを専攻。1992年にターボリナックス(旧パシフィック・ハイテック)を設立し、Linuxビジネスに取り組む。2000年、マウンテンビューデータを起業。データセンター向けのデータストレージソフトウエアやサーバー管理ソフトウエア「PowerCockpit」を開発・販売した。1980年代に言語学の専門家として米ゼロックスの多言語ワードプロセッサーの開発に取り組んだ。1989~90年には米国電子協会のフェローとして富士通・川崎研究所で自然言語処理を研究。13歳から約2年間、愛知県豊橋市で日本の家庭にホームステイ。米国で大学を卒業した後、佐賀医科大学(現:佐賀大学)と中国の浙江大学で教鞭を取る。日本語、中国語、マケドニア語を流暢に使いこなす。著書に「LINUX革命」(ソフトバンクパブリッシング)など。現在はハワイに在住し、オーディオブック会社トゥルーレイクを経営する(写真:クリフ・ミラー氏提供)

カーソルキー(←/→)でも操作できます