PR

 楽天は2020年11月25日、法人向けに唾液を使った新型コロナウイルスのPCR検査キットを提供すると発表した。検査の結果は医療機関と連携して通知する。企業や自治体、介護施設などからの申し込みを受け付け、12月16日からキットの配送を始める。

楽天の「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」
楽天の「新型コロナウイルス唾液PCR検査キット」
(出所:楽天)
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者は自宅で専用の採取容器を使って唾液を採取し、楽天が連携する検査会社に送付する。楽天は唾液中の新型コロナウイルスを不活化するための溶液や唾液採取容器などをタカラバイオと共同開発した。唾液の輸送時と検査時の二次感染を防ぐ。タカラバイオは新型コロナのPCR検査で使う試薬を開発し検査会社などに提供している実績がある。

 キットの販売価格は7980円(税抜き)で、唾液採取容器や検査、配送、結果通知にかかる費用を含む。陽性の場合は楽天が連携する医療機関の診断を受けることになる。

 楽天は2020年4月、法人向けに新型コロナのPCR検査キットの提供を始めると発表したが、連携先であるジェネシスヘルスケアの経営体制の変更を理由に販売を見合わせていた。利用者が鼻の奥まで綿棒を入れて鼻咽頭から検体を採取することを想定していた。楽天の広報によると今回のサービスにジェネシスヘルスケアは関わっておらず、提供再開については現在も検討中の段階という。