関西地区において「eo」ブランドでFTTHサービスを展開するオプテージは2020年11月27日、集合住宅を対象にローカル5Gを活用したインターネット接続サービスの無線化に向けた実証実験を大阪府茨木市で2021年2月に開始すると発表した。

 集合住宅向けのサービスは、建物の外まで引き伸ばした光ファイバーの幹線から、各フロアの利用者宅までの区間を有線で接続する必要がある。今回の実証実験は、このラストワンマイルをローカル5Gで無線化し、電波の特性や通信速度を評価するほか、ネットや電話、テレビのサービス品質を検証する。

 今回の検証は、高速な通信が期待できるミリ波(28GHz帯)を用いて実施する。実フィールド環境において、実音声の伝送、8K映像の上り方向の伝送、5G用レピーターを用いた中継伝送などを行う。5G用レピーターによる中継伝送の実証実験はDXアンテナ、スリーダブリュー、オプテージの3社共同で実施する。

実証実験イメージ
実証実験イメージ
(出所:オプテージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ラストワンマイルをローカル5Gのミリ波で無線化することで、これまで通りのサービス品質を維持しながら、さらなる高速大容量通信の提供、引き込み工事の不要化、サービス開始までの期間短縮、工事費の低減などの利点を見込む。今回の実証実験を経て2021年度以降、商用化を検討していく予定。