PR

 NECは2020年11月30日、社長交代人事を発表した。代表取締役の森田隆之副社長兼最高財務責任者(CFO)が2021年4月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格する。5年ぶりの社長交代になる。同社は海外事業の責任者を務めた経験のある森田氏を登用し、グローバル事業を拡大する狙いだ。

2021年4月に社長に就任する予定のNECの森田隆之副社長兼最高財務責任者(CFO)
2021年4月に社長に就任する予定のNECの森田隆之副社長兼最高財務責任者(CFO)
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは2020中期経営計画で2021年3月期に売上高に当たる売上収益3兆円、営業利益は1500億円を掲げる。2020年度は中期経営計画の最終年度に当たる。 新野隆社長兼CEOは4月1日付で代表取締役のまま副会長になる。

 森田氏は1960年生まれ、大阪府出身。東京大学法学部卒業後、1983年にNEC入社。2016年4月に執行役員常務兼CGO(チーフグローバルオフィサー)に就任、2018年4月に副社長、2018年6月から現職。