PR

 NTTドコモは2020年12月2日、「今後の料金戦略に関する発表会」を12月3日午後2時から開催すると発表した。菅政権からの携帯電話料金の引き下げ要請を受け、新たな料金プランを発表するとみられる。同社はKDDI(au)やソフトバンクに対抗する形で、ドコモブランドとは別のサブブランドについても検討中とされており、併せて言及する可能性がある。

12月1日付で井伊基之新社長が就任したばかりのNTTドコモ。さっそく新料金で反撃に出る
12月1日付で井伊基之新社長が就任したばかりのNTTドコモ。さっそく新料金で反撃に出る
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモを巡っては2020年9月にNTTが同社の完全子会社化を発表し、12月1日付で井伊基之氏が新社長に就任したばかり。2020年4~9月期決算でNTTドコモは、売上高と営業利益のいずれもKDDI(au)とソフトバンクの後じんを拝し3番手となっている。12月3日の会見では、政府の値下げ要請に応えた新料金を発表しつつ、事業規模や収益性をどう確保するかについても説明するとみられる。