PR

 博報堂DYメディアパートナーズは2020年12月1日、 広告メディアビジネスの次世代型モデル「AaaS(Advertising as a Service)」を提唱し、広告メディアの統合運用サービスの提供を順次開始すると発表した。

提唱モデル「AaaS」のロゴ
提唱モデル「AaaS」のロゴ
(出所:博報堂DYメディアパートナーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 広告業界で長く続いてきた「広告枠の取引」によるビジネス(いわゆる「予約型」)から、「広告効果の最大化」によるビジネス(いわゆる「運用型」)への転換を見据えたモデルとして「AaaS」を提唱する。

 広告取引とそれに必要な情報がすべてオンライン化され、広告主のマーケティング目標達成に必要なサービスが常時接続的に提供されるような次世代の広告メディアビジネスを見据えたデジタルトランスフォーメーションを果たすモデルと位置付ける。

 博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂DYグループのメディアサービス基盤の開発および運用を担う。同社は今後、テレビ・デジタルの統合運用を可能にするさまざまなサービスを順次導入し、博報堂DYグループの各広告事業会社とともに提供していく。

 これまでメディアごとに分断された上に目に見えない要素が大きかったために広告活動の全体から見て生じていた無駄を、テクノロジー(データ・システム・アルゴリズム)を使って排除し、メディア投資効果を最大化して広告主の事業成長に貢献することを目指す。