博報堂DYホールディングスは2020年12月8日、生活動線におけるビーコン検知データ(ビーコンで得た位置情報)の利活用および研究を目的として、スイッチスマイルと資本業務提携を行ったと発表した。今回の提携に合わせて、スイッチスマイルの株式を取得した。

 スイッチスマイルは、ビーコンによって検知した位置情報を活用するマーケティングプラットフォーム「pinable」を提供している。利用企業は、pinableによって得たデータを基にほかのデータを組み合わせ、例えば全国主要都市の交通機関や商業施設、観光地などに設置したビーコンをスマートフォン向けアプリに検知させて、ある属性を持つ生活者に、適切な時間と場所で情報を提供するといったことが可能になるという。

 2社は今後、共同でpinableに関する技術やデータなどの利活用と研究を進める。時空間の特徴を解析し、マーケティング分析やデジタルサイネージなどのメディアのプランニングに活用できるサービスを開発することで、生活動線におけるマーケティング活動の支援を目指す。