PR

 日立製作所は2020年12月9日、「日立従量課金型データ基盤ソリューション」の販売開始を発表した。オンプレミス環境に設置した同社製ストレージを従量課金で利用できる。日立製作所 ITプロダクツ統括本部 プロダクツサービス&ソリューション本部の井上志織 主任技師は「オンプレミス環境で高いセキュリティーやコンプライアンスを保ちながら、パブリッククラウドのような使い勝手を実現する新ITインフラ」とコンセプトを説明する。最短1週間というスピードで導入が完了し、コストはパブリッククラウドと同等だという。

 価格は個別見積もり。利用料金は「最低料金(固定)」と「従量料金(変動)」から成る。ストレージリソースやサポートサービス、ハードウエアの維持・保守費用を含む最低料金は、導入前にあらかじめ決まる。最低料金分を超えた使用容量に対して従量料金が追加で発生する。「あらかじめ月末といった実績確認ポイントを定めておき、そのタイミングの使用容量に基づいて請求額を算出する」(日立製作所 ITプロダクツ統括本部 プロダクツサービス&ソリューション本部の尾崎正和 担当部長)。

 ストレージの導入、構築、運用に関わる各種サービスを用意する。あらかじめカタログ化したメニューから、ユーザーは必要なオプションを選ぶことで、クラウドのような使い勝手を実現できる。「仮想ディスクの割り当てやバックアップ設定といった作業は、チケット制で代行する」(井上主任技師)。ユーザーは自社の要件、運用体制、スキルなどに応じた選択が可能だ。

導入、構築、運用を支援するサービスをカタログ化して提供
導入、構築、運用を支援するサービスをカタログ化して提供
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 同日、同社のストレージ製品「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」に2機種を追加、ミッドレンジモデルのフラッシュストレージ「VSP E790」「VSP E590」の販売を開始した。両製品とも、日立従量課金型データ基盤ソリューションで利用できる。

 VSP E790は従来製品「VSP F700」と比べ、重複排除時の最大スループットで2.2倍の性能を実現した。「データへのアクセス特性に応じて処理方式を自動で切り替えるなどの工夫により、処理性能を引き上げた」(日立製作所 ITプロダクツ統括本部 プロダクトビジネス本部の長堀隆史 担当部長)。