TVerは2020年12月10日、自社が運営する民放公式テレビポータル「TVer」向けの新たな広告プロダクトである「TVer広告」の提供を開始すると発表した。

 TVer広告では、放送局コンテンツのみに広告を配信するため、広告毀損のリスクが低いコンテンツに広告を掲載できる。さらにTVerのオーディエンス(特定の分野に関心を持つと推定されるユーザーのグループ)のデータを活用することで、従来の運用型広告では難しかったコネクテッドTVでのターゲットを絞った広告展開が可能になるという。

 TVerは既に展開しているインストリーム動画広告のマーケットプレイス「TVer PMP」に今回提供を開始するTVer広告を合わせて、TVerの広告プラットフォーム全体としての広告プロダクトを強化する。これにより様々な広告のニーズに応えることを目指す。