ソフトバンクグループは2020年12月11日、傘下の米Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)を韓国Hyundai Motor Group(現代自動車グループ)に売却すると発表した。売却価格は非公開だが、ボストン・ダイナミクスの全株式を総額約11億ドルと評価して取引するという。

図 ボストン・ダイナミクスのSpot
[画像のクリックで拡大表示]
図 ボストン・ダイナミクスのSpot
階段を自在に上り下りできる高い運動性能を特徴とする(撮影:加藤 康)

 ソフトバンクグループは保有する全株式のうち約8割を、現代自動車グループと同グループ会長のEuisun Chung氏に売却する。全株式のうち約2割は引き続き保有し、「パートナーシップを継続する」(ソフトバンクグループ)。取引の完了は21年6月を予定している。

 ボストン・ダイナミクスは高機能ロボットを開発するソフトバンクグループの子会社。4脚歩行ロボットの「Spot」や2脚歩行ロボットの「Atlas」の開発で知られる。現代自動車への株式売却については、20年11月に米メディアが報道していた。