PR

 ルネサス エレクトロニクスは2020年12月17日、車載SoC(System on Chip)「R-Car」として過去最高の性能を持つ「R-Car V3U」を発表した(リリース)。ADAS(先進運転支援システム)や自動運転システムの用途を想定する。

自動運転の主要な処理を1チップで実現できる
自動運転の主要な処理を1チップで実現できる
(出所:ルネサス)
[画像のクリックで拡大表示]

 R-Car V3Uは、最大で60TOPS、9万6000DMIPSの性能を持つ。ディープラーニング(深層学習)を使って車載カメラの映像から物体を認知する処理に加え、ミリ波レーダーやLIDAR(レーザーレーダー)とのセンサフュージョン、走行計画の立案、制御指示など、自動運転システムの主要な処理を1チップで実現できる。同日からサンプル出荷を開始し、量産は2023年第2四半期を予定する。

 「R-Car V3Uは、すでに市場投入している車載カメラ用SoC『R-Car V3M』や『同V3H』と専用エンジンの共通化を図り、ソフトウエア資産の流用が可能だ」。同社車載デジタルマーケティング統括部 統括部長の吉田直樹氏はこう述べる。

 機能安全規格ISO 26262の「ASIL-D」にも対応する。ランダムハードウエア故障(偶発的故障)を高速に検出、制御するセーフティーメカニズムを搭載し、信号処理の大部分において、ASIL-Dを達成できる見込みとする。

 60TOPSのディープラーニング性能と低消費電力性を両立した。熱の発生を抑えられるため、空冷動作のECU(電子制御ユニット)を開発できるという。

 英Arm(アーム)のロックステップ対応デュアルコアCPU「Cortex-A76」を4個、「Cortex-R52」を1個集積する。レーダー信号処理用のDSP(Digital Signal Processor)や、マルチスレッドのコンピュータービジョンエンジン、画質を向上できるISP(Image Signal Processor)も搭載した。さらに、自動運転で求められる専用エンジンとして、物体の動きを検出する「Dense optical flow」、高精度な距離計測を行う「Stereo disparity」、物体の分類を行う「Object classification」などを集積している。

 ソフトウエア開発を効率化するための各種開発環境もパートナー企業と協力して用意している。特に、物体認知などのディープラーニングによる学習結果を自動的に推論用ソースコードに変換するツールを、R-Car V3U用に提供する。変換されたソースコードを、統合開発環境の「e2 Studio」に取り込むことにより、実行性能や消費電力などをシミュレートでき、R-Car V3Uの評価やソフトウエア開発の早期着手が可能になる。各種アプリケーションのリファレンスデザインやオンライン教育なども提供する。機能安全やサイバーセキュリティー要件に準拠したコンパイラーとコードジェネレーターも用意する。