PR

 NTTドコモは2020年12月18日、5G(第5世代移動通信システム)と4G向けの料金プランを見直し、2021年4月1日から新たな大容量プランと小容量プランを導入すると発表した。2021年3月に開始する月20ギガバイトの中容量料金プラン「ahamo(アハモ)」と併せて、携帯大手3社のメインブランドで先陣を切って値下げに踏み切り、菅政権からの値下げ要請に応じた格好だ。

NTTドコモが中容量プラン「ahamo」投入に続き、新たな大容量プランと小容量プランも発表した
NTTドコモが中容量プラン「ahamo」投入に続き、新たな大容量プランと小容量プランも発表した
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 5G向けの新たな大容量プラン「5Gギガホ プレミア」は月額6650円(税別、以下同)で、現行の大容量プラン「5Gギガホ」の7650円から月額1000円の引き下げとなる。5Gギガホ プレミアでは月間のデータ量を無制限とする。現行の5Gギガホでは月100ギガバイトの上限を設けつつ、期間を定めないキャンペーンとして「データ量無制限キャンペーン」を展開していた。

 4G向けの新プラン「ギガホ プレミア」は現行の「ギガホ」の月額7150円という料金から600円引き下げて6550円とし、データ量の上限も30ギガバイトから60ギガバイトへ引き上げる。5Gギガホ、ギガホのいずれも、月間のデータ量が3ギガバイト以下にとどまった場合は月額1500円引きとする仕組みを新設する。

 新設する小容量プラン「はじめてスマホプラン」はNTTドコモや他社の3G端末からの乗り換え専用。月1ギガバイトが上限で月額1650円。月額1000円の追加で国内宛ての音声通話が話し放題となる。このほか、ドコモから他社への乗り換え(MNP)手続きの手数料を2021年4月1日から廃止することも併せて発表した。

 契約者数ベースで最大手のNTTドコモが中容量プランのahamoに加え、大容量プランと小容量プランも発表したことで、競合するKDDI(au)とソフトバンクもメインブランドの見直しを迫られそうだ。