PR

 リクルートは2020年12月21日、2022年新卒者を対象とした採用見通しに関する調査結果を発表した。大学・大学院生の新卒採用数が「増える」と回答した企業の割合(7.7%)が、「減る」と回答した企業の割合(11.6%)を11年ぶりに下回った。ここ数年続いていた就活生優位の「売り手市場」が変化している傾向が明らかになった。

 業界別ではITサービス企業などに相当する「情報通信業」での採用減の傾向が目立った。2021年の新卒採用では「減る」とした回答は5.2%だったが、今回は13.4%と8.2ポイント増えた。

 今回調査で13.4%という割合は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた飲食店・宿泊業の21.6%に次いで大きな数値だった。採用数を「増える」とした情報通信業の回答は、同16.2%から同10.3%に5.9ポイント減った。