PR

 ソフトバンクは2020年12月22日、4G(第4世代移動通信システム)/5Gの料金プランを刷新すると発表した。主力ブランドの「ソフトバンク」とサブブランドの「ワイモバイル」でそれぞれ現行より月額料金を引き下げた新料金プランを提供する。

 また、傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるLINEモバイルをソフトバンクに吸収合併し、自営(MNO)の新ブランド「SoftBank on LINE」(仮称)として月20ギガバイトで2980円(税別、以下同)の料金プランを提供。NTTドコモが2020年12月に先行発表した「ahamo」などの新料金プランに、ほぼ同水準の価格帯で追随した格好だ。

ソフトバンクが発表した3ブランドの新料金プラン
ソフトバンクが発表した3ブランドの新料金プラン
(出所:ソフトバンクの会見動画を日経クロステックがキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 SoftBank on LINEの料金プランは2021年3月に提供開始する。4Gと5Gの双方に対応し、月20ギガバイト以内のデータ通信ができるほか、LINEは20ギガバイトの枠外で無制限に利用可能。1回あたり5分以内の国内通話無料サービスを標準で付けている。申し込みなどの手続きはオンラインのみとしており、WebサイトのほかLINEでも手続き可能にする予定だ。現在のLINEモバイルについては「21年3月のSoftBank on LINEのサービス開始をもって新規受付を停止させていただく予定」(ソフトバンクの榛葉淳副社長執行役員兼COO)としている。

 ソフトバンクブランドの大容量プランは新たに「メリハリ無制限」を2021年3月から提供する。4G/5G共通のプランとし、データ量無制限で月額6580円と、NTTドコモの「5Gギガホ プレミア」(使い放題で6650円)、4G向け「ギガホ プレミア」(月60ギガバイトで6550円)とほぼ同額とした。ワイモバイルも4G/5G共通の新プランとして「シンプルS」(月3ギガバイトで1980円)「同M」(月10ギガバイトで2980円)「同L」(月20ギガバイトで3780円)を2021年2月から提供し、現行の料金プランより価格帯を引き下げる。