PR

 パナソニックは2020年12月23日、同社の社内分社であるコネクティッドソリューションズ社がソフトバンクと協力して、クラウド上で映像制作を完結できるシステムを共同開発し、地上デジタル放送での共同検証を実施したと発表した。

 まず、ソフトバンクのデータセンターにある映像制作システムに、パナソニックの新IT/IPプラットフォーム「Kairos」(ケイロス、CPUおよびGPUの能力で映像処理を行うライブ映像制作プラットフォーム)を導入。パナソニックの放送用ネットワークカメラを利用し、撮影現場とデータセンターをIPネットワークで接続した。事前収録した映像素材やライブ映像をソフトバンクのクラウドサーバーにアップロードすることで、別の場所から遠隔操作・映像編集を行うことを可能とした。

共同検証のイメージ
共同検証のイメージ
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 両社は制作会社に同システムを提供し、事前収録から制作・編集までをクラウド上で行った番組が12月18日から地上デジタル放送で順次放送されたという。

 このシステムについて両社は、ICTを活用して映像制作をクラウド化し撮影から制作、編集、配信までをシームレスに行うことを定義した概念「Broadcast as a Service」を実現するものと位置付ける。