PR

 ゲーム大手のカプコンは2021年1月12日、昨年11月に受けた不正アクセスの被害によって、1万6415人分の個人情報の流出を確認したと発表した。前回発表(2020年11月)では9人としていたが、新たに1万6406人分の流出を確認したという。

カプコンが公表した情報流出に関するお知らせ
カプコンが公表した情報流出に関するお知らせ
(出所:カプコン)
[画像のクリックで拡大表示]

 また流出した可能性がある個人情報は最大約39万人分に上ることも明らかにした。前回発表よりも4万人増えた。

 同社は今後、セキュリティー対策を見直すために同分野の知見を持つ大学教授や弁護士、会計士らで構成する「セキュリティ監督委員会」を発足する予定という。