PR

 KDDI(au)は2021年1月13日、新たな料金プランを正式発表した。オンライン専用ブランド「povo」を同年3月に立ち上げ、月20ギガバイトで2480円(税別、以下同)の新料金プランを展開する。併せてauブランドの大容量プラン、サブブランドのUQ mobileの小~中容量プランへも新たなプランを投入し実質値下げする。

 オンライン専用ブランドのpovoは月20ギガバイトで2480円、音声通話は30秒当たり20円で、オプションとして月500円を支払うと1回5分以内の音声通話が話し放題となる。

 NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」(仮称)など競合の新プランでは、1回5分以内の音声通話を話し放題とするサービスを基本料に含めたうえで月2980円としている。KDDIの新プランは競合と横並びとしつつ、音声通話が少ないユーザーの取り込みを図る。当初は4G(第4世代移動通信システム)でサービスを始め、2021年夏に5Gへも対応する。

 このほか、200円を支払うと月20ギガバイトの枠外で24時間データ通信を使い放題とするオプションも用意した。同社はこうしたpovoのオプションを「トッピング」と呼び、上述の2種類以外にも順次提供予定。スマートフォンで簡単に設定/解除できるようにする。

 auブランドでは月間のデータ量無制限の新プラン「使い放題MAX 5G/4G」(6580円)を2021年3月から提供。サブブランドのUQ mobileでは、月3ギガバイトで1480円の「くりこしプランS」、月15ギガバイトで2480円の「同 M」、月25ギガバイトで3480円「同 L」を2021年2月から提供する。

 KDDIの高橋誠社長はpovoの狙いについて「顧客それぞれのニーズに合った料金プランを、しかもシンプルにお届けしたいと考えた。基本料を3キャリアで最安としつつ、20代のユーザーの6割は通話時間が月間10分未満であることなどを考慮した。強い料金を打ち出せたと考えている」としている。