みちのりホールディングス傘下で、栃木県内を中心に路線バス事業を展開する関東自動車は2021年1月13日、「BLE(Bluetooth Low Energy)スキャン」を利用したバスのリアルタイム混雑情報配信の実証実験を始めた。対象は宇都宮駅西口~西川田東(江曽島)間の路線バス3台で、期間は2月11日まで。システムはナビタイムジャパンが構築した。

関東自動車のBLEスキャンによるバス混雑情報配信の仕組み
関東自動車のBLEスキャンによるバス混雑情報配信の仕組み
(出所:みちのりホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 バス車内に計測用スマートフォンを設置。乗客が持つスマホなどが発信するBLE信号を検知して、車内の混雑度をリアルタイムで推計する。混雑度は「青:空席あり」「黄:立ち客あり」「赤:立ち客多い」の3段階とし、色をWebサイトの路線図上に表示する。スマホを持っていなかったり、BLE信号を発信しない設定にしていたりする乗客が多ければ、正確な推計ができない可能性がある。このため、対象バス3台中の1台には定点カメラを設置し、BLEスキャンによる混雑度と照合して精度を検証する。

 政府は1月13日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象地域に栃木県を追加した。利用者が通院や通学など必要不可欠な外出をする際に、混雑情報を参照して混み合ったバスを避けやすくなる。関東自動車は今後、蓄積した混雑情報を分析し、ダイヤ改正などに役立てる方針だ。