PR

 「データ流通推進協議会(DTA)」など5団体は2021年1月14日、新たに「データ社会推進協議会(DSA)」の設立に向けたシンポジウムを開催した。官民で分野を超えたデータ活用によってイノベーションを促進できるように相互運用性や利用環境を整備する。

オンライン開催した「データ社会推進協議会(DSA)」の設立シンポジウム
オンライン開催した「データ社会推進協議会(DSA)」の設立シンポジウム
[画像のクリックで拡大表示]

 DSAは2021年4月に発足する。データカタログサイトやデータ連携に関わるサービスなどを検索できるポータルサイト、API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を提供して広くデータ活用・流通を促すほか、データ取引市場のルール作りや事業者認定といったガバナンスの構築や国際標準化活動、学術的な調査研究にも取り組む。

 DSAはITベンダーや製造業などの企業・団体で構成するDTAが存続団体となって、主要ITベンダーがメンバーの「官民データ活用共通プラットフォーム協議会(DPC)」と合併して発足する。DPCが提供してきた標準インターフェースのテスト開発ツールを活用する。日本IT団体連盟や「オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)」が参画するほか、国立情報学研究所のサイバーフィジカル情報学国際研究センターによる成果物も取り込む。

 DTAなど5団体は2020年7月に、産官学一体でデータ流通・利活用を促進する連携組織として「dataex.jp設立準備協議会」を発足していた。準備協議会長の越塚登東京大学教授は同日オンライン開催したDSA設立シンポジウムで「誰でもイノベーションを起こせる環境を整備したい」と抱負を述べた。