テラスカイは2021年1月14日、クラウド上でビッグデータや人工知能(AI)の活用を推進するコンサルティング子会社「リベルスカイ」の設立を発表した。リベルスカイの山崎真社長は「企業のIT部門と一体となって事業部門や共通部門を巻き込んでDX推進を支援する。顧客プロジェクトの歯車の1つとして、部門間の調整といった泥臭い部分にも踏み込みたい」と話す。

 事業の柱は2つある。1つはビッグデータ活用の推進で、業務・事業に必要なデータを可視化するために、コンサルティングおよびデータ活用基盤の構築に取り組む。Google Cloud Platform(GCP)をベースにデータウエアハウス「Google BigQuery」やAI「Google AI Platform」などのサービスを活用する。

 もう1つの事業の柱は、ゼロトラストモデルを軸としたデバイス系ソリューションの企画、構築支援だ。アクセスコントロールやクライアントセキュリティーを組み合わせたゼロトラストネットワークを構築し、「どこにいても業務が継続できるでも環境を提供する」(山崎社長)。

 テラスカイのグループ会社とのシナジーも見据える。グループ会社によるこれまでの大手企業向けシステム構築の実績を生かし、リベルスカイはエンタープライズ市場を中心に事業展開する。量子コンピューター研究開発を行うQuemixとは、Google AI Platformでの技術連携を進める。