PR

 日立製作所は2021年1月21日、統合システム運用管理製品「JP1」の最新版「JP1 V12.5」の提供開始を発表した。システム障害が発生した際に、業務への影響確認や関係者への連絡、調査といった対応手順を提案する機能を備えた。一連のジョブ処理の中に、クラウドのサービスを簡単に連携できる機能も加えた。

 「マルチクラウドの進展でシステムが複雑化し、ベテランでも経験したことのない事象が増えている。そうした環境下でも担当者のスキルに依存せず、迅速な対応を可能にする必要がある」。日立製作所の加藤恵理アプリケーションクラウドサービス事業部運用マネジメント本部チャネルビジネス推進部主任技師は、障害対応の提案機能を開発した背景をこう話す。

障害対応を提案する「JP1/IM2」の利用イメージ
障害対応を提案する「JP1/IM2」の利用イメージ
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 システムに障害が発生すると、統合管理ツール「JP1/Integrated Management 2(JP1/IM2)」は、エラーの内容や業務の実行状況、システムリソースの利用状況などをJP1の各製品から集める。それらの情報を基に、これまで同社が培ってきた運用ナレッジを使って対応手順を提案する。具体的には、JP1/IM2の画面上に「原因調査用画面」を表示したり、「業務への影響確認」や「担当者への連絡」などを指示したりする。

 業務の自動実行管理ツール「JP1/Automatic Job Management System 3(JP1/AJS3)」は、クラウドのサービスを連携する「クラウドサービス連携ジョブ」機能を新たに備えた。AWS(Amazon Web Services)のオブジェクトストレージ「Amazon S3」とのデータの出し入れや、オーケストレーター「AWS Step Functions」との連携が簡単に実現できる。

 JP1の運用基盤をSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)として提供する「JP1 Cloud Services」も用意し、3月31日に販売開始する。第1弾としてJP1/IM2、JP1/AJS3の機能を提供する「統合管理プラットフォーム」「ジョブ管理プラットフォーム」、およびJP1/AJS3の運用データを分析する「ジョブ運用データ分析サービス」を提供する。「システム運用基盤をクラウドに出したいというユーザーは多く、システム更改に合わせてSaaS化を検討しやすくなる」(加藤主任技師)。