PR

 米General Motors(GM)と子会社の米Cruise(クルーズ)は、自動運転車の商品化に向けて米Microsoft(マイクロソフト)と長期的な戦略的協力関係を結んだと発表した。安心・安全でアクセスしやすい交通環境を作るため、両社はソフトウエアやハードウエアのエンジニアリングから、クラウドコンピューティング機能、製造ノウハウ、エコシステムなど様々な分野で連携を進める。MicrosoftはGMやホンダ、機関投資家と協力してCruiseへ20億ドル以上の新規株式による投資を行う。これによりCruiseのポストバリューは30億ドルになる。

(写真:General Motors)
(写真:General Motors)
[画像のクリックで拡大表示]

 Cruiseは、Microsoftのクラウドとエッジコンピューティングのプラットフォームである「Azure」を活用し、独自の自動運転ソリューションを商品化する。Microsoftは、Cruiseを優先的なクラウドプロバイダーとし、Cruiseの専門知識を活用して製品のイノベーションを図る。また、Azureに継続的に投資し、世界中の運輸企業にサービスを提供する。

 GMは2025年までに30車種の電気自動車(EV)を投入する予定だ。こうしたEVにCruiseの自動運転技術を搭載できれば、新しいビジネスやサービスがつくれるとしている。Microsoftとの協力関係により、デジタルサプライチェーン全体を合理化して生産性を高め、新しいモビリティーサービスを迅速に提供することを目指す計画だ。