PR

 富士通研究所は2021年1月21日、マスク着用時でも99%以上の精度で本人確認できる顔認証技術を開発したと発表した。認証に使う顔画像に疑似的にマスクを付加する「データ拡張学習技術」を開発し、精度を高めたという。

疑似的にマスクを付加した画像を生成し学習させる
疑似的にマスクを付加した画像を生成し学習させる
(出所:富士通研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来の顔認証技術では、マスク着用時に顔の一部が隠れるために本人と特定されないケースが数%あったという。同技術の開発によって「マスクを着用しない場合と同等程度の高い精度を実現している」(安部登樹デジタル革新コア・ユニットプロジェクトマネージャー)。

 同社は今後、顔認証と手のひら静脈認証を組み合わせた「マルチ生体認証技術」を企業などに提案していく方針だ。まずは同日から、ローソンと富士通が共同で取り組んでいるレジなし店舗に同技術を適用し実証実験を始める。2021年度中の実用化を目指す。