NTTドコモは2021年1月21日、Arcturus社の技術協力を得て、幅広いユーザー向けに撮影した人や場所の3次元データを3D空間に再現した「Volumetric Video」映像のストリーミング配信を可能にする技術を開発したと発表した。

 Volumetric Videoは、専用の機材を用いてあらゆる角度から撮影した人や物の3DモデルをVR空間にそのまま再現したり、被写体の動きを高い精度でデジタル化したりすることを可能にする技術である。臨場感のあるVRコンテンツを360度自由に視点を動かして視聴できるようになる。

 ただし、Volumetric Videoの技術に基づく映像データの配信は大容量のネットワークが必要になるため、これまでは短尺映像のダウンロード配信に限定されていたという。そこでNTTドコモは、Arcturus社の技術協力により、映像のクオリティを一定以上に保ちながら配信時のビットレートを最適化する技術と、長尺コンテンツの再生技術を開発した。

 併せて、Arcturus社が提供しているVolumetric Video映像を再生するAndroidおよびiOS端末用のストリーミング配信プレイヤーに、ヘッドマウントディスプレーなどの異なる仕様のデバイスでも最適化した映像を視聴できるようにした。

 NTTドコモは、2021年2月4日から2月7日まで開催する「docomo Open House 2021」の「Virtual Booth」において、今回の技術を活用し360度自由視点で楽しめるVolumetric Video技術に基づく映像コンテンツとして「浜辺美波のジェスチャークイズ!」と「VRバドミントン」を配信する。