オプテージは2021年1月25日、新築分譲マンション向けに各住戸まで通信速度が上り・下り共に最大10Gビット/秒の光回線を全戸へ提供する新サービス「eo光ネットマンションタイプ 光全戸フル10ギガコース」の販売を同日に開始すると発表した。

 マンション共用部から各住戸へ専有型光ファイバーを敷設することで、収容局から各住戸まで通信速度を下げることなく、全入居者に対し最大10Gビット/秒の光インターネットを提供する。

 LAN配線などの従来方式と違い、今回のサービスでは光配線方式を採用することになり、棟内の通信機器を介さずに各住戸へ配線することが可能。共用部の電源が不要となるシンプルな設備構成となる。

サービスのイメージ
サービスのイメージ
(出所:オプテージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、マンションの入居者やデベロッパーからの高まるニーズにも応える形で販売開始した。提供価格は、建物規模などに応じた個別の見積もりとする。