PR

 富士フイルムは2021年1月25日、東南アジアや中東、アフリカなどの新興国でAI(人工知能)を活用した健康診断サービス事業を始めると発表した。まずインドのベンガルールに、がん検診を中心とした健診センター「NURA(ニューラ)」を2021年2月4日に開設する。その後、他の新興国を含めて早期に100施設の開設を目指す。将来は検診バスなども活用して、安価に検査を受けられる体制を構築する。

インドの健診センター「NURA」
インドの健診センター「NURA」
(出所:富士フイルム)
[画像のクリックで拡大表示]

 新興国におけるがん罹患(りかん)者の生存率は先進国と比べて低く、定期検診による早期発見と早期治療が重要になっている。富士フイルムは健診センターにおいてAI技術を活用したITシステムや高性能な医療機器などで医師の診断を支援し、がんや生活習慣病の早期発見につなげる。具体的には、CT(コンピューター断層撮影装置)画像から肺結節の候補を自動検出する技術や、画像強調技術で観察画像の視認性を高める内視鏡、高精細な診断画像を提供するマンモグラフィーなどを活用する。

 インド・ベンガルールに開設するNURAは、インドや中東で病院などを経営する企業と富士フイルムの現地法人が設立した合弁企業が運営する。インドで罹患者の多い疾患を中心に、がん検診と生活習慣病の検査を用意する。がん検診では、肺がんや胃がん、大腸がん、前立腺がんなど合計10の検査に取り組む。生活習慣病の検査では、慢性閉塞性肺疾患や心筋梗塞リスクの早期発見に向けた検査をCTで実施する。