PR

 埼玉県は2021年1月26日、25日に新型コロナウイルスの陽性者191人分の個人情報を漏洩したと発表した。新型コロナ関連の情報を掲載する同県のWebサイトに、陽性者の名前を掲載していた。現時点で漏洩した情報の悪用を確認できていないという。

 25日の午後5時15分から午後10時30分の約5時間、コロナ陽性者191人の名前や担当の保健所名を含む内部管理用のファイルを誤って掲載した。過去に発表した感染者の重複を訂正する際に作業を誤った。同日午後10時すぎに外部から電話で指摘を受けて漏洩が判明。本来掲載すべきだった報道発表用のファイルに差し替えた。

新型コロナウイルス陽性者の個人情報漏洩について
新型コロナウイルス陽性者の個人情報漏洩について
出所:埼玉県
[画像のクリックで拡大表示]

 原因について同県の感染症対策課は、「ファイル管理と掲載作業のやり方が不適切だった」とした。要因として、内部管理用と報道発表用のファイルを同一のフォルダーで管理していたこと、掲載作業の担当者が1人だったことを挙げた。

 県は名前を掲載した陽性者には事実を伝えて謝罪するという。再発防止策についてはファイル管理の方法を見直し、掲載時には複数人でチェックするとした。