PR

 2021年1月26日、ファミリーマートの決済サービス「FamiPay(ファミペイ)」で障害が発生し、一時的に決済できない状態になった。アクセス集中が原因で、現在は復旧している。

 障害が起きた期間は、午前11時27分から午後1時18分まで。飲食店などファミリーマート以外の店舗で、QRコード決済とバーコード決済ができなかった。FamiPayを運営するファミマデジタルワンは障害の原因について「アクセス集中のため」と発表した。

障害について発表するファミマデジタルワンのWebサイト
障害について発表するファミマデジタルワンのWebサイト
出所:ファミマデジタルワン
[画像のクリックで拡大表示]

 ファミリーマートは26日から、飲食店の代金をFamiPayで支払った際に半額相当を還元するキャンペーンを始めていた。キャンペーンがアクセス集中や障害の原因となったかについてファミリーマート広報は、「調査中でわからない」とした。キャンペーンは今後も継続するとしたが、障害で開始初日につまずいた格好だ。

 ファミマデジタルワンは同社のWebサイト上で「ご迷惑をお掛けいたしましたこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。