PR

 アイリスオーヤマは2021年1月27日、ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクロボティクスグループと2月1日に共同出資会社を設立し、ロボット事業を本格展開すると発表した。掃除ロボットや配膳ロボットなどを共同開発し、法人向けに売り出す。

法人向けのロボット事業を手掛ける新会社を設立する
法人向けのロボット事業を手掛ける新会社を設立する
(出所:アイリスオーヤマ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新設する会社は「アイリスロボティクス」。出資金は1000万円で、出資比率はアイリスオーヤマが51%、ソフトバンクロボティクスグループが49%とする。

 ソフトバンクロボティクスグループの冨澤文秀社長兼CEO(最高経営責任者)は「当社のAI(人工知能)やロボットの知見と、アイリスオーヤマのソリューション力や開発力を融合すれば、新しくて面白いロボットやサービスができると期待している」と語った。新会社の初年度の売上高は50億円を計画し、「2025年までに累計1000億円規模の事業規模を目指す」(アイリスオーヤマの大山晃弘社長)とした。