PR

 LINEは2021年1月28日、対話アプリ「LINE」を使って新型コロナワクチン接種の予約ができるシステムを、地方自治体向けに提供を開始したと発表した。自治体のLINE公式アカウントを通じて予防接種を予約できるほか、人工知能(AI)による電話の音声自動応答や、OCR(光学的文字認識)を活用した接種券の自動読み取りなども提供する。

 LINEアプリを使った接種予約システムでは、自治体のLINE公式アカウントを使って住民が予防接種の予約ができる。自治体はLINE公式アカウントを無料で利用できるが、別途システム開発事業者を通じてシステムを構築する必要がある。LINEは1月上旬に自治体向けの説明会を実施し、すでに神奈川県寒川町、和歌⼭県紀の川市など100前後の自治体で導入の見込みという。

自治体のLINE公式アカウントでの、接種予約のデモ画面
自治体のLINE公式アカウントでの、接種予約のデモ画面
出所:LINE
[画像のクリックで拡大表示]

 また、予防接種に伴う自治体の業務フローを効率化するため、LINEが開発したAI「LINE CLOVA」を組み合わせたサービスも提供する。1月28日に開催した自治体向け説明会でサービスの概要を説明した。

 住民からの問い合わせ電話には、音声対応サービス「LINE AiCall」で自動応答する。また、LINEアプリを使った接種予約システム向けには、住民が接種券の券番号などを手入力する代わりにOCRで入力できるようにするほか、オンライン本人確認「LINE eKYC」を活用して接種会場での本人確認をスムーズにできるようにする。

LINEアプリとLINEのAIサービスを活用したワクチン接種の想定フロー
LINEアプリとLINEのAIサービスを活用したワクチン接種の想定フロー
出所:LINE
[画像のクリックで拡大表示]