電通グループは2021年1月28日、世界59カ国・地域から収集したデータに基づいて取りまとめた「世界の広告費成長率予測」を発表した。

 2020年の全世界の広告市場はコロナ禍の影響で成長率は前年比8.8%のマイナスとなる見通し。一方、2021年は5.8%の成長を見込み、世界の総広告費は約5790億ドルになると予測する。2022年は6.9%の成長で、総広告費は約6190億ドルと広告市場全体でコロナ禍前の水準に戻る見通しとしている。

 2021年の広告市場を地域別にみると、西ヨーロッパが7.5%増、アジア太平洋地域が5.9%増、北米が4.0%増と、2020年の反動で世界各地の成長率がプラスに転じると予想する。特にインド(10.8%増)や英国(10.4%増)の成長率が高くなる見通し。世界1位の広告市場である米国は3.8%増、2位の中国は5.3%増、3位の日本も5.3%増としている。

 広告の媒体別の成長率では、デジタル広告がコロナ禍の2020年でも唯一プラス成長(前年比3.2%増)となった。2021年のデジタル広告の成長率は10.1%と二桁成長となり、同年に世界の総広告費におけるデジタル広告費の媒体別シェアは初めて50.0%に達する見通しとしている。