PR

 ジュピターテレコム(J:COM)は2021年1月28日、MVNOサービス「J:COM MOBILE」の新料金プラン「J:COM MOBILE Aプラン スタンダード」を発表した。

新料金プランを発表
新料金プランを発表
(出所:ジュピターテレコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 大幅な料金値下げのほか、1年間の契約期間の廃止、通信料金と端末代金の完全分離、各種事務手数料の見直しなども併せて実施する。新料金プランの提供開始は2月18日である。

改定の概要
改定の概要
(出所:ジュピターテレコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 通信料金を見ると、1GBプランは月額980円(税別、以下同)で据え置いたが、5GBプランは月額1480円(1500円値下げ)、10GBプランは1980円(2000円値下げ)、20GBプランは2480円(2500円値下げ)とする。2020年9月に料金プランの刷新を発表してから4カ月ほどしか経過していないが、今回据え置くことにした1GBプランを除き、いずれのプランもほぼ半額と大幅な見直しとなった。

新料金プラン
新料金プラン
(出所:ジュピターテレコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 10GBプランと20GBプランでは、料金改定前と同様に容量超過後も1Mビット/秒でデータ通信ができる。データ容量の追加料金は、現在の1GBあたり1000円から同300円へ大幅に値下げする。

 10GBプランおよび20GBプランを対象にした「J:COM MOBILE スタート割」や、26歳以下(家族を含む、1世帯あたり5回線まで)を対象にした「U26学割(J:COM MOBILE)」のほか、60歳以上を対象にした「シニア60割」も用意した。

シニア60割なども導入
シニア60割なども導入
(出所:ジュピターテレコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 新端末として、au Certified iPhone(認定中古品)の販売を開始する。KDDIが下取りなどしたiPhone端末の動作確認とクリーニングを実施し、バッテリーの充電可能な容量が仕様の80%以上ある端末だけを販売する。独自の端末保証サービスとして、月額600円で故障・破損時には最短翌日に交換品を届けるオプションも用意した。

au認定中古iPhoneを用意
au認定中古iPhoneを用意
(出所:ジュピターテレコム)
[画像のクリックで拡大表示]