PR

 三井住友銀行(SMBC)が行内で使っている業務システムのソースコードの一部が流出していたことが2021年1月29日、明らかになった。Twitterなどのソーシャルメディアで、2021年1月28日の夜ごろから流出の可能性が指摘されていた。三井住友銀行が1月29日に事実関係を調査し、行内システムのソースコードの一部と一致したことを確認した。

 一部のソースコードが公開されていたのは米ギットハブが運営する「GitHub」。日本在住で三井住友銀行のシステム開発に関係した人物が投稿した可能性が浮上している。三井住友銀行は日経クロステックの取材に対し、「当行が利用しているシステムのソースコードが公開されていたのは事実。顧客情報の流出はなく、セキュリティーに影響を与えるものではないことは確認済み」(広報部)と説明している。

 三井住友銀行によれば、公開されていたコードは複数ある事務支援系システムの1つに含まれるエラーチェック処理の一部という。行員が行内で使うもので、流出したコードは顧客情報などを扱わず、セキュリティーにも影響はないとしている。流出の経路は現在も調査中だが、行内からでなくシステム開発の委託先から流出したとみている。

 三井住友銀行は、流出したコードは1月29日午前の時点ではGitHub上で非公開になっているとしている。ただし非公開になる前にコードを格納したリポジトリーが複製(fork)されたと見られ、流出したとみられるコードの一部が引き続き公開中になっているものもある。

 NTTデータ子会社のNTTデータ ジェトロニクスと見られる文字列が含まれる一部コードなども公開されている。NTTデータが「当社グループが開発に関わったコードかどうかを確認中」(広報部)だ。

 流出が話題になったのは、ソーシャルゲームサービス「艦隊これくしょん-艦これ-」をめぐる、Twitter上などでの口論からと見られている。流出に関わった可能性がある人物のTwitterのアカウントは現在、すべての投稿が一般ユーザーには非公開の状態になっている。

■変更履歴
公開当初、最後の段落で「流出が起きたのは」としていたのは「流出が話題になったのは」の誤りです。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2021/1/29 16:20]