PR

 厚生労働省は2021年2月3日、新型コロナウイルス感染拡大防止策として導入した接触確認アプリ「COCOA(ココア)」で、陽性登録したアプリ利用者と接触しても検知・通知されない障害が判明したと発表した。障害は2020年9月28日のバージョンアップに伴い、Android版アプリで発生。厚労省は障害解消に向けた改修を2月中旬に実施するとしている。

 COCOAでは、陽性登録したアプリ利用者の1メートル以内に15分以上いると、陽性登録者と接触があったことを検知・通知する。今回明らかになったのは、この条件を満たしても接触があったことを検知・通知しないという不具合になる。2020年9月28日のバージョンアップ以降、Android版アプリで発生していた。

 厚労省によると、開発・保守運用事業者がアプリ改修時に実施した動作テストに不備があり、障害が検出されず見過ごされてきたという。陽性者と接触しているはずがアプリで通知が来なかったとの報道を受け、実機を用いた動作検証を実施。障害の存在を確認した。厚労省は開発・保守運用事業者に対して、品質管理の徹底を指示した。

 厚労省はCOCOAの開発をパーソルプロセス&テクノロジーに委託。同社は元請けとして全体の工程管理を担当し、エムティーアイがバグ改修や保守開発を担当している。2021年2月3日時点でCOCOAのダウンロード数は約2464万件で、このうち約3割がAndroid版。陽性登録件数は1万92件にとどまる。