PR

 三菱重工業は2021年2月5日、工作機械事業を日本電産および日本電産グループに譲渡すると決定し、日本電産と最終契約を締結したと発表した。三菱重工業は、同社が100%出資している子会社の三菱重工工作機械の株式の全持ち分を日本電産に譲渡する。同日付で、日本電産は三菱重工工作機械の株式取得に関する譲渡契約締結などについて、三菱重工工作機械は株主変更について発表した。

 三菱重工業は、三菱重工工作機械の海外事業も日本電産に譲渡する。具体的には、工作機械事業を専業とする海外の子会社3社について、三菱重工業が保有する株式の全持ち分を譲渡。海外子会社9社が営む工作機械事業の事業も譲渡する。21年5月をめどに譲渡手続きを完了する予定だ。

 三菱重工工作機械は現在、歯車機械、大型門形機などのトータルソリューション、アディティブ製造装置(3Dプリンター)などの微細加工ソリューション、精密工具の4事業を展開している。

 三菱重工業はプレスリリースの中で、「自動車の電動化の潮流はさらに拡大」すると言及。三菱重工工作機械が「世界最大級のモーターメーカー」である日本電産グループの一員となることで、「これまで培ってきた全ての事業基盤を将来の成長・発展につなげる」との考えを示している。

 一方、日本電産は同日付のプレスリリースで、三菱重工工作機械の株式取得の理由について、「当社グループに工作機械事業を迎えることで当社グループの既存事業との相互補完が強化」されると説明。その中でも特に、電気自動車(EV)の主要部品である電動アクスル(E-Axle)の拡販に当たって、「中核部品の1つである歯車の強化が必要不可欠」との見解を示した。その上で、三菱重工工作機械の株式取得は、「三菱重工工作機械の歯車に精通した人材および高度な技術力を獲得できるという、当社グループのEV 戦略にも合致した重要な取り組み」となるとしている。

*電動アクスル(E-Axle):モーターとインバータ、減速機を一体にした 電気自動車(EV) 用トラクションユニット。