PR

 ソフトバンクは2021年2月18日、オンライン受け付け専用の新ブランドの名称を「LINEMO」とし、同ブランドの新料金プランを月額2480円(税別、以下同)に改定すると発表した。従来は月額2980円としていたが、競合するKDDI(au)の新料金プラン「povo」に追随し基本料を引き下げる。3月17日から提供する。

ソフトバンクのオンライン専用ブランドは「LINEMO」に。同ブランドの新料金プランは当初発表から改定し、月額2480円とした。当初は基本料に含んでいた1回5分以内の音声通話無料をオプションとして外し、基本料を月500円引き下げた
ソフトバンクのオンライン専用ブランドは「LINEMO」に。同ブランドの新料金プランは当初発表から改定し、月額2480円とした。当初は基本料に含んでいた1回5分以内の音声通話無料をオプションとして外し、基本料を月500円引き下げた
(出所:ソフトバンクの発表会動画を日経クロステックがキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクの新料金プランは「SoftBank on LINE」という仮称で2020年12月に発表していた。発表当初はNTTドコモの「ahamo」に追随する形で基本料に1回あたり5分以内の国内向け音声通話かけ放題を含んでいた。これをpovoと同様、月額500円のオプションとする形に改めた。

 基本料で通信可能なデータ量は月20ギガバイトで変わらない。対話アプリ「LINE」アプリ上のチャットや音声通話・ビデオ通話などのデータ通信は月20ギガバイトの枠外で使い放題とする点も当初発表通りとしている。通話時間の制限がない国内向け音声通話かけ放題は月額1500円。

 併せて同社は、メインブランド「ソフトバンク」で提供する大容量プランの値下げ実施日を2021年3月17日、サブブランド「ワイモバイル」の新料金プランの実施日を2月18日にすると発表した。