PR

 ソフトバンクは2021年2月18日に記者会見を開き、オンライン専用プラン(新プラン)の名称を「LINEMO」にすると発表した。月当たり20ギガバイトの通信が可能で、2021年3月17日から月額2480円(税別)で提供する。LINEのトークや音声・ビデオ通話のデータ消費はカウントしない。

 新プランを巡っては提供価格に焦点が当たり、仕様の詳細は明らかでなかった。会見では、テザリングと国際ローミング、フィルタリング、緊急通報メール・災害用伝言板を提供することを表明した。国際ローミングの価格は「ワイモバイルの料金体系と同じ」(ソフトバンクの寺尾洋幸常務執行役員)という。

「LINEMO」のオプションサービス
「LINEMO」のオプションサービス
(出所:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、留守番電話と転送電話は、サービス開始時点に提供しない。「次期フェーズ以降の検討対象となる」(寺尾常務執行役員)とした。同社が提供する他のプランとのすみ分けを意識した判断とみられる。

■変更履歴
公開当初、北尾洋幸常務執行役員とありましたが、寺尾洋幸常務執行役員でした。おわびして訂正します。本文は修正済みです。[2021/02/18 16:00]