PR

 警察庁と総務省は2021年2月19日、マルウエア「Emotet(エモテット)」に感染したパソコンの利用者への注意喚起を始めると発表した。2021年2月下旬から準備が整い次第、インターネット接続事業者(ISP)を通じて感染パソコンの利用者を特定し、電子メールなどで連絡を取って駆除などを依頼する。

 海外の捜査当局から警察庁に対して、Emotetに感染した機器のIPアドレス約2万6000件分の情報提供があったという。Emotetはメールの添付ファイルを通じて感染を広げるため、感染機器の多くはパソコンとみられる。

 連絡を受けた利用者は各自、Emotetを無効化する必要がある。作業の詳細についてはWebサイトや「NOTICEサポートセンター」の電話問い合わせ窓口などで案内する。