PR

 トヨタ自動車と、トヨタグループでソフトウエア開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年2月23日(富士山の日)、スマートシティー「Woven City(ウーブン・シティ)」の建設に向けた地鎮祭を、トヨタ自動車東日本(TMEJ)東富士工場跡地に隣接する旧車両ヤードで実施した。

地鎮祭の様子
地鎮祭の様子
(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 地鎮祭には、静岡県知事の川勝平太氏や裾野市長の髙村謙二氏など、地元関係者を来賓に迎え、トヨタ社長の豊田章男氏、ウーブン・プラネットCEO(最高経営責任者)のジェームス・カフナー氏、TMEJ社長の宮内一公氏などの関係者が出席した。

 豊田氏は「本日、Woven Cityプロジェクトが正式にスタートした。『ヒト中心の街』、『実証実験の街』、『未完成の街』がWoven Cityのブレない軸だ」と語った。宮内氏は、「Woven Cityは更地の上でなく、53年間にわたる東富士工場の歴史の上にできる。今後も最大限の協力をして参りたい」と述べた。

 トヨタが20年1月の「CES」で発表したWoven City構想は、技術やサービスの開発と実証のサイクルを素早く回すことで、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることを狙う。プロジェクトでは自動運転、パーソナルモビリティー、ロボット、AI(人工知能)など、さまざまな領域の新技術をリアルな場で実証するほか、世界中の様々な企業や研究者との協業も進める。

 Woven Cityでは、地上に自動運転モビリティー専用、歩行者専用、歩行者とパーソナルモビリティーが共存する3本の道を網の目のように織り込み、地下にはモノの移動用の道を1本造る。高齢者や子育て世代の家族、発明家を中心に、当初は360人程度、将来的にはトヨタの従業員を含む2000人以上の住民が暮らし、社会課題の解決に向けた発明をタイムリーに生み出す環境を目指す。