電通は2021年2月24日、国内電通グループ4社などと共同で、企業の事業成長を実現するXRテクノロジー(VR・AR・MRなど架空と現実を融合させる技術の総称)の活用に向けて、共創型のグループ横断組織「XRX STUDIO(エックスアールエックス スタジオ)」を発足したと発表した。

 企業に対し、事業構想からマーケティングソリューション開発、UI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス)開発、運用、PDCAまでを統合的に提供し、事業成長を支援することを目指す。国内電通グループ各社が持つ人材と専門性に、先端テクノロジー開発企業などのビジネスパートナーの力も加えて、ビジネスやライフスタイルをつくり変える「XRトランスフォーメーション」の推進に取り組む。

XRX STUDIOが提供するサービスのイメージ
XRX STUDIOが提供するサービスのイメージ
(出所:発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 電通はXRX STUDIOについて、「独自のマーケティングデータ基盤、先進のテクノロジー知見、コンテンツネットワークといった組織力に、顧客のインサイトとアイデアの力を掛け合わせた提案が可能」などとしている。